乗馬日和 ~いつかはモンゴルの草原で~

独身OLの乗馬備忘録。
まだまだ始めたばっかり!
主にクラブで指摘されたことを綴っていこうかと思ってます。飼いうさぎのこともたまに書いてます。
外乗しに行きたいな~

手前を合わせる(30鞍)

2015年9月某日  ハリケーン


最近、ハリケーンが多いです。

恐らく軽速歩のテンポが取れるようになったので、脚の位置を正しく覚えないといけないんだと思われます。


今日は生徒二人。


ハリケーンにはここ最近、内に寄られまくってます。

ひとまず前回イントラに「外側に馬の頭を向けさせて」を意識して、並歩できっちり蹄跡を歩かせます。


並歩でも前の馬の内側を歩こうとするので、外側を歩かせるように意識します。


速歩の号令が掛かると一瞬出るのですが、内に入ろうとして、それを私が外にいかせようとして、わちゃわちゃなって並歩に戻り、馬場の真ん中辺りをうろうろ…


蹄跡に向かい、前の馬に後続するタイミングで速歩を出して、うまく蹄跡に乗せれると暫くは大丈夫です。


今日は二人しか生徒がいないので、前からちょこちょこ言われていた「手前を合わせる」を重点的に教えてもらいました。


軽速歩の立つ座るを馬の動きに合わせるのですが、

外側前肢が前に出たときに「立つ」

右手前になったり、左手前になると立つタイミングが反対になります。

右とか左とかいちいち考えてると混乱するので、「馬場の外側の脚」が前にきたときに立つと覚えると混乱しません。


と調子良く手前合わせをやっていると、隣の馬場から移動してきた方が加わりました。


すごい嫌な予感がする…。


ハリケーンはレッスン中に前の馬が変わると、更に内側に寄れるんです。


私が想像するハリケーンの心の声「え、今まであいつが前だったんだから、あいつの後ろ走ってりゃいんでしょ?なんで新参ものの後ろにつかなきゃいけねーんだ!オレはあいつの後ろがいいー!むきーっ!」


…あくまで私の想像ですが。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。