乗馬日和 ~いつかはモンゴルの草原で~

独身OLの乗馬備忘録。
まだまだ始めたばっかり!
主にクラブで指摘されたことを綴っていこうかと思ってます。飼いうさぎのこともたまに書いてます。
外乗しに行きたいな~

B乗馬クラブ 3回コース(1~3鞍)

平成27年5月~6月某日 1~3鞍


Bクラブで通常のレッスンを3回受けられるということで、ここから1鞍と数えようかと思う。


まずは繋ぎ馬にいるお馬さんと対面。今日のパートナーは前回のおじいちゃん馬ではなく、栗毛のモンブランちゃん。
牝馬だそうです。


鐙の長さを調整したり、腹帯を締めたり、頭絡をつけたりイントラに教えてもらいながらやってみる。


自分で丸馬場まで馬を引いていくのだが、モンブランは食いしん坊みたいで、その辺の雑草を食べようとするらしく、注意しながら移動する。
乗ったらまた鐙の調整、腹帯締める。
乗りながらはやりにくい…


初心者3人でレッスン開始!


まずは並歩しながら馬上体操。腰を捻ってモンブランのお尻に手をタッチ、反対に捻ってタッチ。


なんかセクハラしてる気分…


モンブランはレッスンの内容がわかってるのか自動操縦な馬。
とってもお利口さん♪


次は鐙の上に立ちながら並歩。
バランスを取るのが難しくてすぐに座っちゃう‼


並歩、停止とやったら次は軽速歩!


イントラに「馬のリズムに合わせて立ったり座ったりしてくださーい」


なんとかサドルホルダーを持って立つことはできるけど、リズムに合わせてってのが難しい!
モンブランの背中にドンドンお尻が当たって申し訳ない。


45分間騎乗し、その後イントラからのレクチャーで終了する。
「上体が前屈みになりやすいので、真っ直ぐ上に立つことを意識すること。」



こんな感じで3鞍乗って、最後の日にようやくリズムに合わせることができるようになった。


モンブランは人懐っこい馬で、とっても可愛いい。
ニンジンをあげたいというと、受付のおねぇさんが付いてきて、モンブランのいる馬房へ行くことに。


何だかここは基本餌付け禁止っぽいな…



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。